2021年03月28日

史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)

「大和田の化粧水」の取水口を探しに、上室田町大和田へやって来ました。


「滑川」は、ここでは「大和田沢」と呼ばれているようです。


川べりへ下りてみると、「滑川」の本流から分かれている細い流れを見つけました。
あ、ここが「化粧水」の取水口かと、余りにもあっけない発見に、嬉しいような、物足らないような、ビミョーな気分です。


ところが、その流れを辿って行くと、また本流に戻ってしまいました。
ありゃ。


がっかりして川べりから上がってくると、なんと!段々畑の中腹から滾々(こんこん)と水が流れ出てるじゃありませんか。


そして、細い水路を勢いよく流れていくじゃありませんか。
水路は、ずーっと先まで続いています。


一度、地面の下へ潜りますが。



また出てきて、先の方まで流れていってます。


やがて水路は、「滑川」の河岸段丘のへりを進んで行きます。



水路の巾や水量、流れていく方向からして、これが「大和田の化粧水」と思って間違いないでしょう。
前回、下流側から辿ってきて見失ってしまった水路は、「滑川」に沿って来ていたんですね。

さて、そうなると、どうしても見つけたいのは「滑川」からの取水口です。
段々畑から出ていた水の位置からすると、取水口はもっと上流のようです。

「滑川」に架かる、名前のない橋の上流を探してみることにしました。


右岸を160mほど行くと、本流から分かれる細い水路がありました。

ただ、あまりにも頼りない程の細さで、違うかなぁという気持ちの方が強くなります。

擁壁に沿ったコンクリート製の細い水路を流れている水は、少し先でやはり本流に戻ってしまっています。


しかし、よーく見ると、右奥に暗渠の水路があって、水はそちらへも流れ込んでいます。


暗渠は、右岸の道の下を通っているようです。


おそらくこの後、水はずーっと暗渠の中を隠れ下って、段々畑の中腹でその姿を現すのでしょう。
そして、2km離れた「上の原」まで流れ下って行くわけです。

細い水路とはいえ土木機械もない時代、さぞや難工事だったことでしょう。

娘を思う父の愛情の深さと強さを実感できた、「大和田の化粧水」でした。


【大和田の化粧水 取水口】

【段々畑の化粧水出口】


  


Posted by 迷道院高崎at 07:48
Comments(0)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板

2021年03月21日

史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)

「大和田の化粧水」が、どこから、どういう経路で流れてきているのか、上流へ遡ってみました。


史跡看板が建っている所から、畑の中を抜けて。


道路を横切って、民家の横を通リ抜け。


梅林の中へ。


暗渠の中から流れてきています。


暗渠は、向こうの竹藪の方からつながっているようです。


竹藪の中を水路が走っているのは確認できますが、人が入っていくことはできません。


迂回して県道211号(安中-榛名湖線)に出ると、深い水路「追分沢」が道と並行しています。


ということは、「化粧水」は県道側には流れてないということか。
だったら、もう辿ることはできないじゃないか。
でも、ま、「化粧水」の水路だけでも見てみようと思って、杉林の中へ入って行きました。


すると、「追分沢」を跨ぐ橋のようなものが見えます。


おお!水が流れてる!
「懸樋」(かけひ)ってやつですね。

水は、竹藪の方に向かって流れています。
「大和田の化粧水」に違いありません。

その水は、金毘羅神社の脇から流れてきています。


さらに上流に遡ると再び藪の中へ消えますが、藪の先はここで、水は県道211号の下を潜って来ているようです。



県道の反対側の水路は、梅林の端を伸び伸びと走っています。


しかし、ここで水路はまたもや道路の下へ潜り込み、その姿を隠してしまいます。


道路の反対側に続く林の先には、「化粧水」を引いたという「滑川」が流れているんですが、標高的に相当下を流れているので、この先に「化粧水」の水路があるとは思えません。


ま、ここまで辿れたからいいか、と自分を慰めかけましたが、でもな、ともう一人の自分がブツブツ言っています。
そうだ、逆に「大和田」の取水口から下流に向けて辿ってみようか。

ということで、また次回に続きます。(引っ張るなぁ)


【「大和田の化粧水」史跡看板】

【金毘羅神社】

【県道211号横断地点】


  


Posted by 迷道院高崎at 06:41
Comments(0)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板

2021年03月14日

史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(1)

中室田「榛名荘病院」手前のカーブを、左に入ります。


100m先を右に。


50m先を左に。


そこから100mほど行った、民家へのアプローチ角に史跡看板が建っています。



アプローチの左側の溝が、看板による「この水路」

細い水路ながら、水は勢いよく流れてます。

看板に、この水路を「薬研堀」(やげんぼり)と呼ぶと書いてあります。
「薬研」というのは、薬草などをすり潰して粉にするのに使う道具で、その器は断面がV字形の狭い溝になっています。
「薬研堀」というのは、そのような形状をした堀の一般名称です。
現在のこの水路の形状は、U字形ですけど。

「大和田の化粧水」というから、看板の建っているここが「大和田」という地名だと思ったのですが、「大和田からの化粧水」ということなんですね。


「滑川」のどこから取水して、どういう流路でここまで来ているのか知りたかったのですが、地図上の水路はプツンと切れてしまっています。


こりゃ、水路を辿ってみるしかなさそうです。


ご報告は、次回ということに。


【「大和田の化粧水」史跡看板】


  


Posted by 迷道院高崎at 08:01
Comments(0)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板

2021年03月07日

史跡看板散歩-221 中室田の大沼大明神

前回の「おねがい地蔵尊」から北西へ道なりに900mほど行くと、右側に大きな「馬頭観世音」の碑が建っています。


そのすぐ先を右に入り、


真っ直ぐ270mほど行くと、丁字路に史跡看板が建っています。



「大沼大明神」とありますから大きな沼があるはずですが、見回してもそれらしいものはありません。
看板のすぐ左に水路があるので、たぶんこの先の山の中にあるのだろうと歩き始めました。


歩き始めてすぐ、右手にちょっと気になるフェンスがあります。


それを目指して杉林の中に入って行くと、


あっ、やっぱり。

でも、「大沼」という感じじゃないなぁ。
ここじゃないのか?

フェンスに沿ってもう少し行ってみると、思いの外大きな面積でした。
これなら「大沼」と呼んでもいいでしょう。

よく見ると、対岸に石碑のようなものが建っています。

これは対岸に行ってみるしかありません。
杉林の中をぐるーっと沼に沿って進み、石碑のある所に辿り着きました。


間違いありません。
沼に面する碑面には「大沼大明神」、碑背には「慶應三丁卯秊(1867)霜月吉辰 三村中」と刻まれています。

「三村」というのは、看板に書いてある「中室田町十二区(中井、藤田、坂爪)」のことでしょうか。

「天明元年(1781)の石宮」の方は、無残にも崩れてバラバラになっていました。

きっといつか、地域の人が復元してくれることでしょう。

ところで、「馬頭観世音」の先を右折する時、前方に気になるものがあったので戻ってみると、道しるべでした。

昭和三年(1928)に「江戸村実業團」が建てたものらしいですが、「江戸村」というのが気になります。
「江戸」と深い関係のある村だったんでしょうか。

調べたら、「室田町誌」に、「江戸村は滑川の江の外という意味」と書いてありました。
「江外村」(えとむら)だったんですね。


【大沼大明神史跡看板】


  


Posted by 迷道院高崎at 07:51
Comments(2)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板