2021年02月28日

史跡看板散歩-番外編 下室田のおねがい地蔵尊

Googleマップで室田の地図を見るたびに、「おねがい地蔵尊」というのがあって、いつも気になっていました。


で、取材のついでに行ってみると、「沢田川」に架かる橋のたもとの小さな祠でした。



祠の外に三体のお地蔵さまがいますが、中にいらっしゃるのが本命の「おねがい地蔵尊」でしょう。

ただ、建立年月と建立者名はあるものの、謂れがどこにも書いてありません。
いったい、何をお願いしているのでしょう。
深い川のほとりに建ってるから、子どもの水難か何かあったのかなぁ。

近くの自動車修理工場の方にお聞きしましたが、分からないと言います。
榛名支所へも行ってみましたが、やはり分かりません。
これは、建立者の石井三郎さんに聞くしかなさそうですが、どこにお住まいなのか全く分かりませんし。

さてそれからというもの、取材で室田へ行く度に石井さんの家を探し続けました。
それを詳しく書こうとすると、えらく長い話になってしまうので途中は省きますが、室田通い3度目くらいでようやく石井さんの家に辿り着くことができました。

石井三郎さんはすでに亡くなっておられたのですが、ご子息の石井博仁さんにお会いすることができました。
突然の訪問にもかかわらず快く迎えて頂き、お話を伺うことができました。

お話によると、この道がバラス道だった頃、その道に沿って小川が流れていたそうです。


ある日、三郎さんが小川を掃除していると、中からお地蔵さまが出てきて、これは放っておくわけにいかんと言って、小川の畔に祠を建ててお祀りしたのだとか。

後に道路は拡幅・舗装され、その関係でお地蔵さまは現在地に移しました。

バラス道だった頃は、ここのカーブでよく事故があったそうです。
「おねがい地蔵尊」という名前について、博仁さんは、事故が起きないことや、その他諸々のお願いを叶えてくれるようにとのことだろうと仰っていました。

「あー、これですっきりしました。」とお礼を言ってお暇しようかと思った時、三郎さんの建てたものがまだあるんだと言って、案内してくださいました。
連れて行って下さったのは、近くの「新滑川橋」の下でした。
そこに建っていたのは「河童天国」という石像で、三郎さんが平成八年(1996)に建立したものです。


「新滑川橋」が架橋されたのは平成七年(1995)、翌平成八年(1996)には滑川の河川改修が行われ、親水公園と駐車場が造られました。
それらに石井さんが所有地の一部を提供したのです。
その記念として建てたのが「河童天国」像で、子どもたちが安全に水遊びできるようにとの願いが込められているのでしょう。
「滑川ほたる公園」の看板に、「カッパ」と書かれています。


さらにもうひとつ、石川三郎さんの名前が刻まれているものがあると言います。
「おねがい地蔵尊」から北へ300mほど行った、「大山祇神社」(おおやまつみ・じんじゃ)にあるそうで、早速行ってみました。


この石段を修復して、石碑も建てたんだそうです。

平成十一年(1999)ですから、「おねがい地蔵尊」を移設した翌年ですね。

まだありました。
二の鳥居は平成七年(1995)、社殿前の御神燈は平成六年(1994)の奉納です。

深い郷土愛を持つ篤志家だったんですね。

ところで、「大山祇神社」の御神木・大ケヤキですが・・・、

倒壊の恐れがあるので、近い内に伐られてしまうそうです。

いやー、こればかりは、さすがの「おねがい地蔵尊」にお願いしても何ともならないでしょうかねぇ。


【おねがい地蔵尊】

【河童天国像】

【大山祇神社】


前の記事へ<< >>次の記事へ
  


Posted by 迷道院高崎at 07:54
Comments(2)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板

2021年02月21日

史跡看板散歩-220 下室田の松仙寺跡

「松山城本丸跡」から「松仙寺跡」を目指します。


いったん、「松山城跡」の史跡看板の所まで下ります。


看板の反対側に小屋が建っています。


小屋は地蔵堂で、中にはとても優しい笑顔のお地蔵様がいらっしゃいました。
寄贈したのは中島さんという方ですけど、もしかしてお代官様のご子孫?


地蔵堂の後ろの小道をしばらく行くと、急に開けます。


ここが「松仙寺」の跡で、大きな桜の古木の下に史跡看板が建っています。

なぜか汚れてました。


「室田町誌」によると、里見氏時代の「松仙寺」は現在地より西方約1kmの「常楽外戸」(じょうらく・がいと)という所にあって、「常楽院」と称したとあります。
松山城主・上田氏の祈願寺となったのは天正十五年(1587)、現在地に移されたのは正徳三年(1713)で、往時は「松山寺」と書いたようです。

看板に、「松仙寺」の鐘の音が「室田八景」のひとつになっていたと書いてあります。
「室田八景」は、中室田の新井三光という人の幕末頃の作で、風景画に和歌を付したものだそうです。
その中に、「松山の晩鐘」というのがあり、こう詠まれています。
「手をのばし 足をのばして 寺子らが
         暮れ松山の 入相のかね」


その他の七景も記しておきましょう。
門前の晴嵐
(長年寺?)
かささぎの はしもくずれて あかつきは
  見晴らしひろき 寺の門前
烏川の漁火 からす川 なみにうつれる いさり火は
  雲のひまもる 月の影かも
滝の涼風
(瀧不動?)
木かくれて 噂すれども あつき日の
  影だにささぬ 瀧の涼しや
大森の夜雨
(大森神社)
御百度の 願もみつれば よる更けて
  雨にちらつく あかつきの露
屏風丘の夕照
(湯殿山?)
くれないの 屏風が岡の 夕顔は
  ☐☐たも およばさりけり
天狗山の暮雪 ひさかたの 空にのこりし 天狗山
  気色もすこき 雪の夕ぐれ
岩井堂の秋月 たわふれて 岩井に月の あたりけむ
  くだけて影の あちこちにさす

「松山の晩鐘」の歌にも「寺子」という言葉が入っていますが、看板にも「寺子屋」のことや、「筆子」の文字がある「無縫塔」があると書いてあります。

「榛名町誌通史編下巻」によると、歴代住職の無縫塔の中で、法印快通法印快山のものに「筆子」の文字が刻まれているというので探してみました。

北東の奥に、寺があった頃のものらしい古い石碑や墓石が並んでいる一角があります。


その中に、「法印快山大覺位」という「無縫塔」がありました。
たしかに「筆子三拾七人 取子拾三人」と刻まれています。

天保八年(1837)の建立です。

ただ、快通さんのが見当たりません。
ずーっと探しながら行くと、一番奥の高台にいくつかの無縫塔が見えたので、上がってみました。


端から見ていきましたが、快通さんのはありません。
諦めかけた頃、台石から転げ落ちている無縫塔に「筆子三拾四人 取子四人敬白」という文字を見つけました。
苔を削り取ると、「大阿闍梨法印快通 和尚位」と読み取れます。
第廿一世のご住職なんですね。ということは、快山住職は第二十世なのかな。

「榛名町誌」によると、享和三年(1803)の建立だそうです。
地元の皆さん、台の上に戻してあげて下さい。

ところで、「筆子」は寺子屋の生徒のことですが、「取子」というのは何なんでしょう。
調べてみると、「取子」「とりこ」とか「とりご」と読むようで、産まれてきた子どもが虚弱体質だったような場合、いったん社寺の門前などに捨てて神官や僧侶に拾ってもらい、それをまた養子として貰い受けて育てるという習俗があったんだそうです。
そうすることによって、神仏からの貰い児なので丈夫に育つからということらしいです。
初めて知りました。

「松仙寺跡」からの眺望は素晴らしく、「大福寺」「堀之内」もよく見えます。


桜の咲くころ、もう一度来てみたくなった「松山城址」界隈でした。


【松仙寺跡】


  


Posted by 迷道院高崎at 07:48
Comments(4)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板

2021年02月14日

史跡看板散歩-219 下室田の松山城跡

さて、「松山城跡」へ行ってみましょう。

前回記事の「堀之内」と、前々々回記事の「大福寺」の間の道を通って行きます。
左の土手の上が「堀之内」なんで、いま歩いてる所は「堀の跡」ということでしょうか。


この石段を上りきったら、左へ行きます。



80mほど行くと、右手に登り口があります。
うゎー、きつそう。


急な石段を上った所に史跡看板が建っています。


「松山城」という割には、松の木が全然ないなぁと思っていたのですが、そうか武州松山城に因んでいたんですね。

本丸跡に祀られたという「琴平神社」は、さらに上です。


振り返ると、ずいぶん上ってきたのが分かります。


西の方に洞窟みたいのが見えたので、行ってみました。

中には何もありません。

そこから抜け出てきたかのように、近くに座っている石仏がありました。
台石に「子之権現」と刻まれています。


「子の権現」(ねのごんげん)は、足腰の守護に霊験のある神仏だそうですが、「室田町誌」に、ここに祀られた経緯が書かれています。
子の権現はかつて下室田中町南裏滑川畔にあったのを清水家邸内(新井医院裏)に移し、昭和十年秋の滑川氾濫で流失してしまっていますが、上野名跡志に「室田子の権現境内に古碑あり云々」とあり、碑面には梵字の下に文保二年(1318)戊午二月とあったそうです。(略)
清水正興武太夫家は、清水屋と号し、下室田中町で銘酒醸造を業とし、清水忠平当主の時代までつづけていましたが、昭和十年秋の水害のため不振となり、子孫は転居してしまいました。
子の権現信者の人々は子の権現流失の翌年(昭和十一年)三月十八日、鷹留城跡に再建、昭和十五年四月には松山城跡中段にも座僧(像?)とともに建碑しています。」

本丸跡の「琴平神社」まで、いまひと息です。


ふ~(◎_◎;)


社殿の前に、お百度参りの「数取」(かずとり)が建っています。

地域の人は、この急な石段を上って、こんぴら様にお百度参りの願掛けをしたんですね。

社殿の外観はまだしっかりしているように見えたのですが、中は大分傷んでいます。


鳥居もあったらしいのですが、倒れてしまったようです。



さて次回は、「松山城」に関連するもうひとつの史跡、「松仙寺」跡へも行ってみましょう。
本丸跡の東南端です。




【松山城跡史跡看板】


  


Posted by 迷道院高崎at 07:54
Comments(0)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板

2021年02月07日

史跡看板散歩-218 下室田の松山城居館跡

下室田町の県道29号(あら町-下室田線)沿いに、「みなとや」「ミヤシタ」というひらがなとカタカナのお店が並んでいますが、その道向こうに北へ入る道があります。


両側に石垣があって、ちょっと雰囲気のある坂道です。


その石垣の所に史跡看板が建っています。



なるほど、それでアパートの名称が「ハイツ堀之内」ですか。


室田村代官の中島氏について、「室田町誌」にはこう書かれています。
中島新左衛門は永禄四年(推定1561)下室田の豪家に生まれ、萬治二年(1659)九月二十五日室田宿に歿、九十八才。
安中城主井伊直勝の臣、室田宿安中藩領の代官に任じていましたが、たまたま城主直勝の側室お岩の方懐妊を預り、お岩の方男子(直之、後直好)出産後は、正室や側室に男子が生まれなかったので世継ぎとして三才までこれを養育しています。
寛永九年(1632)直好は安中藩を襲封していますが、中島新左衛門は養育の功により直勝公より二百五十石を賜っています。(略)
直好は正保二年(1645)六月、三河国吉良西尾へ転封になっていますが、中島新左衛門は四男を伴ってこれに従い、直好の萬治二年(1659)一月の遠州掛川への転封にも従っています。(略)
中島新左衛門の子孫は代々大森神社の総代人となっています。」

坂を上り詰めた所に、代官屋敷を偲ばせるような立派なお宅がありました。


その東側は、ひろーい駐車場になっています。


駐車場の北も、ひろーい草地です。


草地の北西隅に、何やらお社が見えます。


立派なお社なんですが、何をお祀りしてるのでしょう。

お稲荷さんの他は、何の神様か分かりません。


お社側から見てみると、先ほどの代官屋敷らしいお宅につながっているように見えます。

あー、あのお宅の屋敷神様なんですね、きっと。

駐車場の北方に見える山が、「松山城跡」です。



次回、行ってみると致しましょう。


【松山城居館跡(堀之内)】


  


Posted by 迷道院高崎at 07:55
Comments(4)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板