2020年05月03日

史跡看板散歩-186 中豊岡の道しるべ

あれ?
無くなってる!


8年前、ここに転がってたんだけどなぁ。

これ、「高崎最古の道しるべ」というものなんです。
史跡看板が建ったというんで来てみたんですが。
あれぇ?

あーっ、あったあった、ありました!
ずーっと奥の塀の陰の畑の畔に。

気付くかなぁ、これ。



看板の冒頭、「この場所は」って書いてありますが、文末には「現在は道路改修に伴い、ここに移されています。」と書いてあります。
じゃ、「ここ」「この場所」じゃないってことですよね。

看板の文面から、元あった場所を推定してみました。


なぜ、元あった場所に建てられなかったのかなぁ。
スペースは充分あるように思いますがねぇ。


ま、でも、無造作に転がっていたのをきちんと起こして、史跡看板まで建てて頂き、8年前の望みは叶いました。
ありがとうございます。

「向 右野道 前中仙道 後下台 左中仙道 通」
転がってた時には隠れてた面の文字も、見えるようになりました。
「右 室田 者(は)るな 神山 ??? 道」
ただ、最後が読めません。
「三之くら」「西よくら」

うーん・・・。


【中豊岡の道しるべ】


  


Posted by 迷道院高崎at 07:23
Comments(6)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板