2020年02月16日

史跡看板散歩-176 金剛寺の顔切り薬師

三国街道(高崎-渋川線)福島の信号を西に入って170mほど行くと、「百度石」と刻まれた大きな石碑があります。


そこを北へ入った正面が、「金剛寺」です。


史跡看板は、山門右前の分かりやすい所に建っています。



このお寺も10年前に訪ねていて、「顔切薬師」のことも書いたんですが、ちょこっと看板と違うところもあるんですね。
   ◇旧三国街道 さ迷い道中記(4)

山門を潜った左側に、「金剛寺」の縁起が刻まれた石碑が建っています。


山門右隣の長屋門の屋根に御幣が建っていて、お寺なのに何でかなぁと思っていたのですが、縁起に「近世の中頃、鎮守である浅間神社と共に現在地に移転した」とありますから、神仏混淆時代の名残なんでしょう。


「金剛寺」の歴史と言えば、観音山「清水寺」住職だった田村仙岳は、嘉永三年(1850)ここ「金剛寺」から移ってきました。
また、明治十四年(1881)には、「中野秣場騒動」の時に農民側の闘争本部が置かれたのも、ここ「金剛寺」でした。

境内に、小さな池があります。
「顔切薬師」の伝説に出てくる「弘法ヶ池」ではないでしょうが、築山の岩のあちこちに弘法大師が立っておられます。


池の中には、なぜか石に彫られたナマズ

ナマズが暴れると地震が起きると言われ、漢字では「鯰」で魚に念ずると書きますから、石に固定して暴れないようにと念じたものなんでしょうか。

池のほとりに建つ石造の五重塔は、各階にお地蔵様らしき方がひとりづつ住んでらっしゃいます。


本堂は、平成二十三年(2011)に新築相成り、きれいになりました。


その本堂の裏に「薬師堂」があります。
薬師如来は仏様ですが、参道には鳥居が建っています。

新しい鳥居ですが、神仏混淆時代から鳥居はあったのでしょうか。
もしかすると、その鳥居のおかげで「顔切薬師」は、廃仏毀釈の難を免れたのかも知れません。

「薬師堂」の中には石像がいくつも納められていますが、「顔切薬師」は後列右端にいらっしゃいます。


堂の後ろには、中に入れてもらえない薬師様もたくさんいらっしゃいます。


境内の外にも・・・。


たくさんの薬師様に出会えた一日でした。
コロナウィルス、何するものぞ。


【金剛寺】


前の記事へ<< >>次の記事へ
  


Posted by 迷道院高崎at 07:22
Comments(0)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板

2020年02月09日

史跡看板散歩-175 中泉の旧三国街道

三国街道(高崎-渋川線)中泉町交差点の一つ南の信号を西へ入って140mほど行くと、えらく立派な蔵造りの建物が目に飛び込んできます。


左側へ回ってみると、いわゆる長屋門というやつでしょうが、まるで城門のようです。


その東側の道が、旧三国街道です。


曲がり角に、案内板が建っていました。

「踏査する歴史愛好家のための」というのが、いいですね。
ここは、名主・畔見家のお屋敷でした。

北へ140mほど行くと、また大きな門のお屋敷があります。


史跡看板は、電信柱に隠れるように建っていました。




さて旧三国街道は、この先を北へ向かうのですが、10年前に辿っていますのでご覧ください。
   ◇旧三国街道 さ迷い道中記(6)

10年経っても、風景はほとんど昔のまんまです。
ホッとするなぁ。


【畔見家長屋門】

【旧三国街道史跡看板】


  


Posted by 迷道院高崎at 07:31
Comments(2)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板

2020年02月02日

史跡看板散歩-174 中泉の医光寺

前回の「中泉八幡宮」のすぐ南にある「医光寺」
大きなお地蔵様が迎えてくれます。


けっこう長い参道の先に山門が見えます。


史跡看板は、山門前に建っていました。



看板にある「薬師堂脇の六地蔵石幢」というのは、これでしょう。


台座の三面にそれぞれ2体づつ、お地蔵様が彫られています。


「六地蔵石幢」に並んだ覆屋の中には、防空頭巾を被ったような如意輪観音様が。


さて、山門の中へ入ってみましょう。
「本堂建立記念碑」を見ると、新しい本堂は平成三十年(2018)に落慶したばかりのようです。


それ以前の本堂の写真が、「群馬町誌通史編下」に載っていました。

こんな記載があります。
本堂の棟札には、明治初年檀徒一同の希望により、白川村の宮大工小菅に依頼し、並榎町護国寺の寺を参考にして現在のような荘厳な瓦葺に改造され、門前の薬師堂も再建された。」

境内の回向柱から五色の紐が、新しくなった本堂まで延びています。
その先は、ご本尊の御手に結ばれているんでしょうか。


真新しい柱から突き出した「木鼻」は、以前の本堂の物を再利用しているようですが、それがまたいい味になっています。


滝川村「慈眼寺」から根分けされたという、樹齢三百年の枝垂れ桜。


春が楽しみです。
早く来ないかなぁ。


【医光寺】


  


Posted by 迷道院高崎at 07:26
Comments(0)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板