2020年02月09日

史跡看板散歩-175 中泉の旧三国街道

三国街道(高崎-渋川線)中泉町交差点の一つ南の信号を西へ入って140mほど行くと、えらく立派な蔵造りの建物が目に飛び込んできます。


左側へ回ってみると、いわゆる長屋門というやつでしょうが、まるで城門のようです。


その東側の道が、旧三国街道です。


曲がり角に、案内板が建っていました。

「踏査する歴史愛好家のための」というのが、いいですね。
ここは、名主・畔見家のお屋敷でした。

北へ140mほど行くと、また大きな門のお屋敷があります。


史跡看板は、電信柱に隠れるように建っていました。




さて旧三国街道は、この先を北へ向かうのですが、10年前に辿っていますのでご覧ください。
   ◇旧三国街道 さ迷い道中記(6)

10年経っても、風景はほとんど昔のまんまです。
ホッとするなぁ。


【畔見家長屋門】

【旧三国街道史跡看板】


  


Posted by 迷道院高崎at 07:31
Comments(2)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板