2018年12月30日

史跡看板散歩-122 チンチン電車の軌道跡

大橋町長野堰沿いに、史跡看板が建っています。
かつて、チンチン電車が川を渡っていた場所です。



かつて軌道だった場所に造られた細長い児童公園には、「電車通り公園」という名前が付けられています。


振り向けば、三国街道から斜めに入ってくる軌道跡の道とつながります。
三国街道拡幅に伴い一部代替地分に充てられて、半分ほどの幅になっていますが。


チンチン電車の通る道を、「電車みち」と呼んでいました。
9年も前に記事にしていましたので、ご覧ください。
  ◇「電車みち」

チンチン電車が走っていた昭和9年(1934)の地図と、現在の地図を並べて見ると、今も軌道の痕跡が見事に残っているのが分かります。


三国街道から長野堰鉄橋へ曲がる所で生まれ育った西山保さんが、「チンチン電車の思い出」という一文を書いています。
その中から、いくつかご紹介しましょう。
一番記憶に残っているのは、朝、家を出て幼稚園へ行かずに飯塚に有った電車の車庫へ行って遊んでいた事である。そこには予備の枕木や電柱が重ねておいてありで、遊ぶにはもってこいの場所だった。
更に必ず整備のための電車や独特の形をした貨物電車があり、好奇心の塊の子供にはうってつけの場所だった。
しかしそれも3日目には幼稚園から来ていないと連絡されて、叔母が探しに来てばれてお終いとなった。

車庫へ向かう途中の右側に電車池が有ったが、正直あまりよく覚えていない。田んぼ二枚くらいの広さで大人の人が釣りをしていたのは見てます。掘ったままの岸に草がぼうぼうと生えていて、何か子供には不気味な気配で近寄らなかった。
長じてこれが電車山をつくる土を掘った穴だと知った次第である。」

ある時、壁に掛かっている電話機で飯塚車庫へ電話する母『住吉町の西山だけど次の電車止めてくれる』
すると次の電車が表通りに出る手前カーブで速度ゆるめるどころか止まって、駅方面へ行く母が乗込んでいました。
今なら大変と言うより、当時も相当人様に迷惑を掛けた勝手な振る舞いが通った時代だった。」

区画整理によって、昔の道が跡形もなくなってしまうことが多々ありますが、史跡看板が建てられたことで、この「電車みち」だけは残ってくれるのではないかと、心より願っております。


【チンチン電車軌道跡史跡看板】


  


Posted by 迷道院高崎at 07:43
Comments(2)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板

2018年12月23日

史跡看板散歩-121 放光神社

下佐野第一公民館の所にある、「放光神社」です。



看板にあるように、「放光神社」「山ノ上碑」に刻まれている「放光寺」の跡だと長らく伝わってきました。
それが、昭和五十六年(1981)に発掘された前橋「山王廃寺」跡から、「放光寺」とヘラ書きされた瓦が出てきたことで、俄かに放光寺=山王廃寺説が有力となってしまいました。

史跡看板最後の「山王廃寺の場所が長利の勤めていた放光寺と推定される説があります。」という書き様に、悔しさがにじみ出ているように感じられます。
過去記事「鎌倉街道探訪記(18)」も、併せてご覧ください。

かつて、気付いたら「県庁」前橋へ行っていたという歴史がありましたが、「放光寺」もまた・・・。
平成二十七年(2015)に前橋市文化財保護課で発行した「山王廃寺跡」のパンフレットでは、はっきり「山王廃寺は放光寺だった!」となっています。


いま前橋市は、歴史文化を軸に町づくりを考えているようで。


高崎市も後れを取らないよう、歴史文化に力を入れて取り組んでいって欲しいものです。


【放光神社】

【山王廃寺跡】


  


Posted by 迷道院高崎at 07:42
Comments(0)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板

2018年12月19日

粛々と、着々と・・・

  


Posted by 迷道院高崎at 16:50
Comments(0)◆隠居の控帳沈思黙考

2018年12月16日

史跡看板散歩-120 江木町の薬師如来

江木町の細道の角に祀られている「薬師如来」




板碑の裏側には、「薬師如来」再建の日の思いが刻まれていました。
私達有志は世話人となって
その功徳を永遠に留める為
御姿の再建を思い立ち
本日その竣功に当たって
厳に開眼の儀を挙行する」

秋のお祭りの後なのでしょう。園内はきれいに掃除され、きちんと忌竹注連縄、供え物もしてあって、大切にされていることがよく分かります。
史跡看板も建って、これからも地域の人たちに伝え継がれていくことでしょう。

2019.12.16追記
ブログ仲間のいちじんさんから、薬師如来の春のお祭り風景の写真を頂きました。


なんでも、ここのすぐ近くに住むご友人宅へ行ったら、偶然お祭りをやっていたのだとか。
いちじんさん、ありがとうございました。


【薬師如来】


  


Posted by 迷道院高崎at 07:28
Comments(0)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板

2018年12月09日

史跡看板散歩-119 飯玉町の天王さまと道祖神

飯玉町公民館の敷地内、鳥居の奥の石祠に祀られているのが「天王さま」です。



「天王さま」とは「牛頭(ごず)天王」で、疫病を追い払ってくれる神様なんですが、けっこう怖い神様でもあります。
過去記事「追分の八坂大神」でご覧ください。

お祭りの時に幟旗の先に付けた「魔除けの頭」というのが、これです。


看板中ほどにある「道祖神」は、これです。


なお看板のふりがなで、「戊寅」「つちのとら」とあるのは「つちのとら」「赤土邑」「あかむら」とあるのは「あかつちむら」の誤りでしょう。

看板の最後の方に「妙信庵」というのが出てきますが、この辺にあったようです。


塚沢村時代は、この「妙信庵」が役場として使われていて、「夜泣き地蔵」は、そのそばに建っていたらしいです。

看板には文字数の関係で書けなかったのでしょうが、このお地蔵さまは夜泣きをする子が帰った後、その子と同じ声でかすかに泣くんだそうです。
そして翌朝見ると、お地蔵様の頬はびっしょり濡れていたという話も伝わっています。

「妙信庵」は九蔵町「正法寺」の末寺であったことから、お地蔵さまは「正法寺」「九蔵稲荷」の近くに移されました。


近代医学によって病気の多くが治療できるようになった今も、私たちの心の奥深くには、神仏の加護に縋る昔の人の心が息づいているように思います。


【飯玉町の天王様と道祖神】

【夜泣き地蔵】


  


Posted by 迷道院高崎at 07:38
Comments(0)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板

2018年12月02日

史跡看板散歩-118 雀宮神社

芝塚町公民館に張り付くように建っている、「雀宮(すずめのみや)神社」です。



「雀宮神社」は、昭和三十九年(1964)公民館を造る時にそこから移設し建て替えられたのですが、なぜか公民館の中からしかお参りできない構造にしちゃったらしいんです。
それでは具合が悪かったんでしょう、昭和五十年(1975)に造り直して、外からお参りできるようになりました。
(「わたしたちの塚沢」)

おしゃれだなぁ、と思ったのは、側面に描かれた雀の乱舞です。


看板中ほどに、神社敷地内の石造物のことが出てきますが、神殿の後ろに並んでいます。



一番右にあった「双体道祖神」は、盗まれちゃったんですね。平成二十三年(2011)のことだそうです。
今頃、神罰が下ってるんじゃないかと思いますが。

看板の最後に、「雀宮神社」「雀」というのは「鎮め」(しずめ)が変化したんだろうと書いてあります。
たしかに、なんで「雀」なんだろうと思いますが、ブログ「前橋周辺の史跡散歩」氏が、なかなか興味深い探究をされています。

氏は、各地にある「雀」の名が付く神社の多くが「少彦名命」を祭神としていることから、こう推理します。
日本書紀に・・・鷦鷯(さざき)の羽を以て衣とした小男の神が到来したとあり、それが少彦名命だとされる。
鷦鷯はミソサザイのことで、スズメ目ミソサザイ科の小さな鳥である。古代、鷦鷯に「雀」の漢字を当てたらしい。
鷦鷯に「雀」の文字を当てたことで「すずめ」になったのだと思う。」
全文は、氏のHPから「雀神社の由来(少彦名命・雀部)」をご覧ください。

史跡看板に、「江木町の江木神社も元は『雀宮神社』と称した」とあるので、行ってみました。


手水舎の脇に建つ看板を見ると、たしかに「もとは雀の宮と号し少彦名命を祭れり」とあります。


拝殿にも、「雀之宮」の扁額が掲げられています。


さらに、すぐ隣の「真楽寺」の山号は「雀宮山」でした。


芝塚町「雀宮神社」の幟旗には「雀鏡宮神社」と記してあるといいますが、どうして「鏡」が取れたのか。
江木町「雀宮神社」とはどういう関係なのか。
謎はまだまだ解けていなそうです。


【雀宮神社】

【江木神社】


  


Posted by 迷道院高崎at 07:45
Comments(2)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板