2018年11月25日

史跡看板散歩-117 旧第二国立銀行と茂木銀行跡

普通に歩いていたら、まず気付かないと思います。


こんな奥まった所に建ってるんで。



明治三十年(1897)の地図で見ると2つの銀行はこんな位置関係で、史跡看板は「第二国立銀行」の跡に建っていることになります。


この二つの銀行開業に大きな力を果たしたのが、高崎出身の茂木惣兵衛(もぎ・そうべえ)です。
茂木氏は横浜在住ながら、高崎最初の図書館設立や八幡八幡宮の「唐銅燈籠」寄進など、高崎発展のための援助を惜しみなく施した人物です。

しかし不思議なことに、というか残念なことに、そのことを知る高崎市民はあまり多くなさそうです。

高崎にはありませんが、遠く熱海の梅園には茂木氏の功績を称える大きな顕彰碑が建っています。
過去記事「惣兵衛の梅」で、茂木惣兵衛という人物の人となりを知って頂けたら嬉しいです。

看板には「横浜興信銀行」の写真が載っていますが、その前身「茂木銀行」の姿が明治三十三年(1900)発行の「高崎市街商家案内寿語録(すごろく)」に描かれています。


絵の右端に描かれている茶色のレンガ塀(着色は迷道院)は、現在常盤町「山田文庫」に移築され現存しています。


移築された経緯ははっきりしませんが、「第二国立銀行」「茂木銀行」の歴史を見ると、何となく分かってきます。
過去記事「和風図書館と茂木銀行」をご覧ください。

そしてこれは余談ですが、高崎には茂木惣兵衛が経営していた製糸所もあったんです。
  ◇高崎の絹遺跡(第三話)

高崎の偉人として、もっと知られてよい人物ではないでしょうか。


【旧第二国立銀行と茂木銀行跡の史跡看板】


  


2018年11月22日

号外!歴民企画展「高崎人まつりの記録」

ここんところ、矢継ぎ早に号外の発行が続いております。
みなさんにお知らせしたいイベントが目白押しでして。

今日は、高崎市歴史民俗資料館の企画展のご案内です。


プロデュースは、私が尊敬してやまない大工原美智子さん。
いつもながら、そのセンスの良さと掘り下げの深さには、感嘆するばかりです。


無料で頂ける展示資料は、高崎の祭りの歴史や謂れ、高崎城下の年中行事などがわかり易くまとめられています。
本当なら何冊もの歴史書を読まなければならないところを、これ一冊で知ることが出来るという有難い冊子です。

7月の「長野堰用水展」でお披露目された「頼政神社例大祭」のジオラマは、実は今回の企画展のために制作されたものです。


「長野堰を語りつぐ会」さんとさんの力作です。
7月に見逃した方は、いま見ることが出来ます。

みなさん、ぜひ足をお運びください。
12月2日(日)までです。
見逃すと後悔しますよ!


【高崎市歴史民俗資料館】



  


Posted by 迷道院高崎at 11:55
Comments(2)◆高崎雑感

2018年11月20日

号外!連雀町の百年写真展開催中!

連雀町にある、安政三年(1856)創業の「樋口陶器本店」


今そこで、「連雀町の百年懐かしい写真展」を開催中です。



既存の写真集には載っていない、貴重な写真が展示されていますので、必見です。
また、今は手に入らない昔の陶器が格安で売り出されています。

展示期間は、今月30日(金)までの予定です。
お見逃しなきよう、ぜひ足をお運びください。


【樋口陶器本店】



  


2018年11月18日

史跡看板散歩-116 赤坂町十一面観世音

赤坂町恵徳寺「十一面観音堂」



幟にも染め抜いてありますが、観音堂左手前の石碑にも「上野国三十三番札所」と刻まれています。


「上野国観音札所」は全部で三十四ヵ所あって、高崎市には五ヵ所あります。
・二十番 倉渕町三ノ倉観音堂
・二十一番  榛名町榛名神社
・二十二番 中室田町岩井堂
・三十三番 赤坂町恵徳寺
・三十四番 石原町清水寺

石碑には、
 「めぐりきて
     その名をきけば 赤坂の
         心の月は いまぞはれゆく」

というご詠歌が刻まれています。

毎年八月十日が、大縁日です。


この日は、恵徳寺の奥様が、素敵な笑顔で手首にこよりを結んでくれます。


この日に参詣すると、四萬八千日参詣したのと同じ功徳があるそうです。
東京上野浅草寺四萬六千日より二千日多いと言うんですが、そもそも、その四萬六千日って何だってぇ話です。

一説には、一升枡に米を入れるとそれが四萬六千粒あるんだそうで(誰か数えたのか?)「一升」「一生」に引っかけて四萬六千日なんだとか。
ただ、46,000日を365日で割ると126年になりますので、一生分にたっぷりお釣りがきます。
そこへ二千日多かったところで、さほど違いはなさそうですが・・・。

ご開帳の日でもあるので、三体の観音様のお姿を見ることが出来ます。


左から、千手観音聖観音十一面観音だと思います。

看板にもあるように、この十一面観音は明治四十一年(1908)中山道高崎宿西出入り口のお堂から移されました。
「長松寺」のすぐ坂下にあった、観音堂です。


このシリーズ最初の「番所跡」にも、ちょこっと出てきます。

大縁日は夜祭なので、暗くなってからが本番です。





一生分の功徳を頂きました。


【赤坂町十一面観音堂】


  


Posted by 迷道院高崎at 07:37
Comments(0)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板

2018年11月11日

史跡看板散歩-115 六社稲荷

常盤町の信号を西へ15mほど行くと、左へ斜めに入る細い道があります。
60mほど行くと児童公園があり、その一角にあるのが「六社稲荷」です。




史跡看板は2つ建っていて、その1つからは町を愛する思いと願いが伝わってきます。



「六社稲荷」奉賛会の会長は、中村染工場の先代の社長なんですね。

ところで、この近くには「五社稲荷」というのもあるんです。


場所は「高崎神社」境内の北の端、美保大国神社の前。

「五社稲荷」については、田島武夫氏著「高崎の名所と伝説」にこんな話が載っています。
田町に清水関八という人がいた。
それは明治十四年(1881)十月なかばのことだった。
町を歩いていて現金七百円とその他金券などをなくした。
清水関八は五社稲荷さまの信仰者だったので、その金品が出るかどうか、神狐におうかがいを立てた。
『その紛失品は七日間に得させよう。そのかわり、われをこの地に勧請せられよ。』というのが、神のお告げだった。
関八はこれを拝承した。
はたせるかな、その金品は柳川町のある人の庭内で見つかった。
霊験まことにあらたかのことだった。
そこで関八は一社一窟を設け、社守を置こうとしたが、あらたに一社を創建することは許されなかった。
しかしそれでは神様との約束にそむくことになるので、どうしたらよいか、熊野神社(いまの高崎神社)の神主高井東一にはかり熊野神社に移転した上和田稲荷神社を中心に五社稲荷を合祀した。」

民間信仰トップの座を占めるお稲荷さんは、どこの町にもあっていつも庶民とともにあります。
世情混沌とする今こそ、大切にしたい神様のように思えます。

【六社稲荷】

【五社稲荷】


  


Posted by 迷道院高崎at 06:50
Comments(4)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板

2018年11月08日

号外!高崎城押し出しウォーキング!

明治二年(1869)十月十七日、柴崎村天王の森(現進雄神社)に集結した高崎藩古領(五万石)の農民約四千人が、年貢減免の願書を手に高崎城大手門へ押し出し(デモ行進)を決行しました。

来年がその150年目ということで、「高崎五万石騒動150周年記念行事」を企画しています。

さて、そのプレイベントとして「高崎城押し出しウォーキング」を実施するため、着々と準備を進めてきました。




そして11月11日(日)、ついにその日がやってきました!


ぜひ当日、「高崎城押し出し」を見に来てください。

できれば、あなたも押し出しに参加してみませんか。
参加方法は、二通りあります。

1.フルコース参加 残3人まで
    (途中バス利用 普門寺-義人堂-安国寺-
           高崎城-大森院-進雄神社-普門寺)
・集合場所  下中居町「普門寺」
駐車場有
・集合時間  午前10時
・参加費用  3,000円
・申込み先  実行委員会事務局 吉井一仁    
電話090-1600-4082

2.ショートコース参加(徒歩 安国寺-高崎城)
・集合場所  慈光通り「安国寺」前
駐車場無し
お近くの有料駐車場をご利用ください
・集合時間  午前11時
・参加費用  無料
・申込み先  当日安国寺前にて

みなさんのご参加を、心よりお待ちしております!


【普門寺】

【安国寺】


  


Posted by 迷道院高崎at 17:57
Comments(2)高崎五万石騒動◆高崎探訪

2018年11月04日

史跡看板散歩-114 根岸峮太郎翁頌徳碑

国道354号柴崎町の信号を京目町方向へ700mほど、「中大類町公民館」の所にその頌徳碑が建っています。



碑背下部に略歴が刻まれています。
翁は萬延元年九月七日大類村大字柴崎の豪農の家に生まれた、體軀偉大、言行温和、識見髙邁、中庸を處世訓とし、人に怒らず、常に己を空うして社會福祉のため専念した。
郷黨其の徳を敬って慈父の如く、其の業蹟を稱へて慈母の如く慕った。
翁の如きは之を古今に求めて稀に見るところである。

翁は明治十八年廿六歳村會議員を発足とし、県議會議員に五回、衆議院議員に三回當選した。
村長に三回就任、同時に町村長會長を兼ねたのは実に七十四歳の髙齢で始められてゐる。
蓋し翁の足跡を辿れば即ち羣(群)馬郡史であり羣馬県史である。
昭和二十年十二月十五日、その輝ける公生涯を惜しまれつつ八十七歳を以て終焉を告げた。」

根岸峮太郎の家は、前回記事の「大澤雅休頌碑」のすぐ近くです。
「根岸峮太郎翁頌徳碑」が雅休の書であるというのも、当然なのでしょう。

倉賀野から元島名への道は、古くは「米街道」と呼ばれ、前橋渋川を経て越後まで続く道でした。

当時の「米街道」は、くねくねくねくねと曲がりくねった細い道で、翁の働きで開通した「倉賀野-元島名線」の真っ直ぐな道路は、「峮太郎道路」と称賛されるほど交通の便が良くなったのです。


老後は「君山」という号で書を能くし、好きな囲碁を楽しんだということです。
翁は頌徳碑の建つ前年八十七歳でこの世を去りますが、葬儀は一町他四村による組合葬を以て執行されたという一事を以てしても、郷土への貢献度がいかに大きかったかが偲ばれます。

【根岸峮太郎翁頌徳碑】


  


Posted by 迷道院高崎at 07:25
Comments(4)◆高崎探訪高崎名所旧跡看板