2017年04月30日

史跡看板散歩-42 和田下之城

「和田下之城」(わだ・しものじょう)の史跡看板がある、下之城第一町内公民館の広場です。


史跡看板は、一番奥の「和田下之城址」碑と、風化著しい双体道祖神の後ろに建っています。
もっと道路に面したところに建てた方がよかったんじゃないかと思うのですが。



看板の挿絵に使われている昔の史跡看板は、相当錆が出てますが、今も道路に面して建っています。
これと交換するか、並べて建てればよかったのに。


「和田下之城址」碑背には、古城塁研究家・山崎一氏の撰文による下之城の略史が刻まれています。


「新編高崎市史 資料編3」により、もう少し詳しく見てみましょう。


昭和三十年代までは、遺構も良く残っていたが、近年破壊が著しく、旧状を復元するのも困難になりつつある。
高崎線の西にある粕沢川は、かつてこの城の西縁を流下しており、城はこれに依存し築かれていた。
川の東にあり、和田城より倉賀野城に近いところにあるが、和田氏の持城であった。
もともと和田・倉賀野両氏は、永禄三年の上杉輝虎(謙信)の関東越山までは山内上杉氏に属していて、敵対関係はなかった。
従ってこの城は、和田氏が武田氏に属していく過程で、倉賀野氏と敵対関係が生じたため、その必要上築いたと推定される。永禄五~六年(1562~1563)頃であろう。
境目の城としての任務があるので、外郭は大きくつくられていた。
武田方に属したとはいえ、対立の倉賀野城がその二~三年後に落城してしまい、後は倉賀野・和田両城のつなぎの城としての役割に変わっていった。
武田氏は倉賀野城を強化していったので、この城に武田流の築城の特徴は見い出せない。
この城には東に総郭が付属していて、この中にある徳昌寺と如意寺も堀に囲まれているが、この郭は、後北条氏の支配下に入ってから(天正十年以降)築かれたものであろう。」
(新編高崎市史 資料編3)

史跡看板は、「本郭」のちょうど西北角に位置したところに建っているようです。


たぶん堀であったろう痕跡も残っています。


支城の「和田下之城址」にはこのような石碑や史跡看板が建っていますが、本城の「和田城址」は跡形もなく崩され、なんの史跡看板も建っていません。


うーん・・・。


【和田下之城史跡看板】


【和田城櫓台跡の跡】



前の記事へ<< >>次の記事へ