2017年06月25日

史跡看板散歩-50 森良齋灰塚

倉賀野町「永泉寺」です。



永泉寺といえば、「古手ムジナ」とか「幽霊石」とか、有名な話が伝わっています。 → ◇どきっ!

今回の史跡看板「森良齋灰塚」は、墓地の中央辺りにあります。



さすが加賀藩の御典医ともなると、火葬にして故郷に連れ帰ったのですね。
土葬が普通だったその時代、ほとんどの旅人は、亡くなったその土地で葬って終わりだったようです。
加賀の飛脚を葬って祀ったという「梅乃木大神」というのも、倉賀野の外れにあります。

「森良齋灰塚」のもう少し奥には、倉賀野城主・金井淡路守の墓所があります。

    
「永泉寺」は、天正元年(1573)金井淡路守景秀の創建で、倉賀野城の北方を護る重要な砦でもありました。


かと思えば、ひっそりと飯盛女の墓もあったりします。


明治十八年(1885)の地図を見ると、「永泉寺」はほんとに宿のはずれだったことが分かります。


そりゃ、ムジナも静かに暮らしていたはずで・・・。


【永泉寺】



前の記事へ<< >>次の記事へ